TRINC 静電気 博物館
 TRINC 博物館 歴史人物
TRINCホームページ

時代 国・地域 人物 内容 参考
BC.600頃 ギリシャ
ターレス
琥珀(コハク)を布で擦るとモノを引き寄せる力が起こる事を発見
「琥珀を擦ると磁石になる。」と考えられた。
古代ギリシャの哲学者、ターレスの定理
16世紀 イタリア
ジェロラモ・カルダ
磁力と静電気の力との区別
医師、数学者、カルダンジョイント(自在継手)
16世紀 イギリス
ウィリアム・ギルバート
琥珀以外のモノを摩擦して、静電気を帯びるものと帯びないモノに区別した。
「エレクトロン」から、静電気の引力を「エレクトリケ」と名付けた。
医師、数学者、
「エレキ」の名前親の一人
versorium =小さな針が回転する検電器を発明
磁石論
16世紀 イギリス
トーマス・ブラウン
「エレクトリケ」を英語「エレクトリシティ」(electricity)と呼んだ
作家
17世紀 ドイツ
オットー・ゲーリケ
1672年、機械的に回転させた大きな硫黄玉を手で擦り当て、摩擦電気をおこす装置をつくった。
世界初の静電発電機(摩擦起電機) "Elektrisiermaschine"
貴族、マクデブルク市長
空気圧と真空の研究
18世紀 イギリス
ホークスビー
1709年、ゲーリッケの硫黄球をガラス球にかえて、火花放電、電気の引力、斥力の実験を行った ニュートンの助手
18世紀 イギリス
スティーブン・グレイ
1729年、電気をよく伝えるモノ(導体)とそうでないモノ(不導体)がある事を発見(電気伝導の発見)
グレイの死後、友人のジョン・デサグリエが"electrics(電気的性質)と"nonelectrics"(非電気的性質)の語を創造 (ただし、前者が不導体、後者が導体を意味する。)
染物屋、天文学
18世紀 フランス
シャルル・フランソワ・デュ・フェ
1732年、フランスのデュ・フェがイギリスのグレイを訪問し実験を見てフランスに帰国
電気には樹脂電気とガラス電気の2種類あると主張した。
同極(樹脂orガラス電気同士)に帯電した物体が反発し合い、異極(樹脂とガラス電気)に帯電した物体が引き合うことを発見した。 (グレイは物体の電気的性質がその色に関係すると主張したが、その誤解を解いた。)
フランスの化学者
パリ植物園の監督官
18世紀 オランダ
ファン・ミュッセンブルーク
1746年、静電気を貯める装置「ライデン瓶」を発明 ミュッセンブルークがオランダのライデン大学の教授であっため「ライデン瓶」と呼ばれる。 ドイツのフォンクラフトが数ヶ月前に独自に「ライデン瓶」と同じものを制作している。
18世紀 アメリカ
ベンジャミン・フランクリン
1752年、凧とライデン瓶を用いた実験を行い、雷が電気である事を証明した。 政治家、物理学者、気象学者
避雷針の発明
100ドル札紙幣
18世紀 イギリス
ジェシー・ラムスデン
1768年、ガラス円板と皮革を摩擦させて摩擦電気を起こす「ラムスデンの摩擦起電機」 数学者、企業家
18世紀 日本
平賀源内
1776年、「エレキテル」(摩擦起電器)の復元
高松藩 本草学者(漢方医学)、戯作者、画家、陶芸家、
発明家
エレキテルは見せ物や医療器として使われた。
後藤梨春(1702‐71)の紅毛談(オランダばなし)(1765)に「エレキテル」が紹介されている。
18世紀 フランス
シャルル オーギュスタン・ド・クーロン
1785年、「クーロンの法則」の発見。
電気を帯びた物体間に働く力は物体間の距離の2乗に逆比例する。
軍人、物理学者、土木技術者
18世紀 イタリア
ルイジ・ガルバーニ
1789年、カエルの解剖時のメスで振れると足が痙攣する事から研究を重ね「動物の身体自体が電気を発生させていて、金属が振れる事で放電して痙攣が生ずる」と考えた。
今までの静電気とは違う電気現象である事から「動物電気」(ガルバーニ電気)と名付けた。
医師、解剖学者 検電器(電流計:ガルバノメータ) ガルバーニ協会
18世紀 イタリア
アレッサンドロ・ボルタ
1791年頃、動物電気(ガルバーニ電気)の研究を始める。
カエルの身体に2種の金属の接触で電気が発生し電気が流れカエルの足を痙攣させたと考えた。
食塩水に浸した紙を2種類の金属で挟み電気の流れが生じる事を確かめた。
電気を発生させるために動物の身体は必要ない。(動物電気への反証)
1800年、ボルタの電池(ボルタの電堆)を発明(動電気:流れる電気)
自然哲学者(物理学者)
電位差の単位:ボルト(V)



TRINC 博物館 TOP | 
静電気 歴史人物 | 
静電気 帯電表 | 
Copyright(c) TRINC Corporation. All Rights Reseverd.