静電気のおはなし
       正体見たり静電気!ほんとはスゴイ!こんなにスゴイ!

世界中に蔓延している
パチパチについて
大いに語ろうじゃなぃか!
ドクター
パチパチって静電気のことですか?

 カテゴリー

 静電気の物理力(引力斥力)が
引き起こすトラブル

 静電気が引き起こすトラブルのもう一つの問題は、静電気による引力や斥力(反発力)などの物理力です。例えば、紙や樹脂を用いる業界では、フィルム状やシート状のものを搬送するとき、静電気が発生して静電引力や斥力が働くことから、まっすぐ走行せずに蛇行してしまし、機会の動作不全を引き起こすことがあります。  また重ねられたフィルムやシート状の製品や材料をさばこうとしても、お互いに吸着しているためにさばくことができません。静電引力による吸着は強力であり、さばくことができなければ製品の耳をそろえる工程は機能しなくなります。  一方、エレクトロニクス分野に目をむけると、最近はチップ状の電子部品がテープに収容されてデバイスメーカーから供給されています。チップ部品はサイズが0402(0.4x0.2mm)まで小さくなったことにより、テープの表面に発生する静電気にって電子部品がテープの中から飛び出して周囲に付着したり、寝ているはずのチップ部品が立ったりして、表面実装機などのピッキング動作を妨害します。  これらのチップ分を扱う機械としてはテーピングマシンやチップマウンター(サーフェースマウンター)などがありますが、どちらも樹脂製のテープを用いているため、テープのトップカバーを剥がす時は静電気の発生は避けられず、その対策には苦慮しています。


静電気によるホコリ・異物の付着

産業界における最近の関心事は静電気によるホコリなどの異物付着です。静電気により各種部材にホコリや異物が付着することによる不良発生のことによる不良発生のことです。塗装工程での異物付着による塗装不良、液晶テレビに用いるガラスや各種の樹脂フィルム、樹脂シートへの異物付着するホコリなど、ホコリ・異物はあらゆる業界に共通の問題であり、非常に多彩です。  しかもそれらのホコリは、単なるホコリではなく、静電気を帯びた「活性ホコリ」であることが多いのが問題を複雑にしています。  ホコリの帯電の極性はプラスであったり、マイナスであったりします。活性とは自分に帯電する電荷が外部へ影響したり、または外部から影響を受ける性格をいい、外部と反応するホコリのことです。とくにエレクトロニクス業界では、半導体をはじめ使用する電子部品が超微細化してきたため、いまや電子部品自身がホコリや異物と同サイズに近づいてきました。そのため、従来は意識しなくてよかったことが重大問題として浮上してきたのです。


火事の発生

 このほか、可燃性ガスや粉塵のある環境では、静電気による火花放電が発生すると、これが着火源となって火災事故や爆発事故が発生することがあります。このような危険な領域では静電気が発生しないようにするか、または発生した電気をすぐに除去する必要があります。

 おすすめ




 お問い合わせ先

  info@trinc.co.jp
静電気・異物よろず相談

 サイト更新日

 2014年10月30日

<前のページ
次のページ>